電話対応の負担を軽くする

固定電話

外部委託で留守でも安心

少数精鋭でビジネスを行っている企業等にあっては、限られた人員を本業に専念させる代わり、それ以外の業務にかかる負担をできるだけ軽減してやる必要があります。たとえば電話対応です。大きな事業所であれば常に「電話番」的な役割の社員を置いておくことができますが、少人数のところではそうも行きません。かといって、社員が出払っている間に大事な連絡が来る可能性を考えると、対応をおろそかにすることもできません。こんな時に利用すると便利なのが、電話代行サービスです。電話代行を使えば、留守中にかかって来た電話を取り逃がすおそれがありません。また、質の高い電話対応によって企業イメージの向上を図ることもできます。電話代行は会社の代表番号などにかかってきた電話を代行業者あてに転送し、代理応答してもらうというサービスです。転送先では専門のオペレーターが会社の名を名乗り、あたかもその社の事務職員であるかのように応対します。そしてメッセージを預かった後は、その内容を電子メールやファックスなどで依頼者あてに報告します。依頼者はそれを見て折り返し電話を掛け直すなどの対応を取ることができます。サービスの内容は、依頼者の要望に応じてさまざまなカスタマイズが可能です。たとえば自宅を事務所代わりにしている人であれば、プライベートな電話は自ら個人名で対応するが、電話代行業者に代理応答してもらう際は会社名を名乗ってもらうといった使い方もできます。