モバイル決済について

女性

モバイル決済では現金での授受を行う必要性が無くなるため、利用する顧客側もお店側にとってもメリットが多い。これらのモバイル決済方法としてwechatpayがあり、特に中国で広く普及しているサービスである。

詳しく見る

電話対応の負担を軽くする

固定電話

電話代行は、自分名義の番号にかかってきた電話を転送し、専門業者に代理応答してもらうという、アウトソーシングサービスの1つです。電話番を置いておけない小規模なオフィスや、自宅で開業している人などが利用すれば、電話対応の負担を軽減することができます。

詳しく見る

職場をペーパーレス化する

PC操作

オフィス等に保管される文書の量は年々増加し、必要な収納スペースもどんどん増大します。効率的な管理を行いたいなら、電子化が良い解決策となります。デジタルデータにすることで保管や情報共有が容易になり、省スペース化も実現します。

詳しく見る

企業が生き残るには

男性

今後、企業は益々アウトソーシングが必要となります。従来はアウトソーシング向きでない総務に関する業務も、アウトソーシングが可能になり得ます。様々な業務を受け持つ総務についても、改めで業務の洗い出しを行うことが重要です。

詳しく見る

小規模店舗でも導入可能

オフィス

微信の緑色のマークがある店舗で使えるのが、wechat payです。中国のスマホ決済サービスのwechat payは、8億人以上が利用しています。中国からのインバウンド需要をしっかりと取り込めるため、多くの店舗が導入しています。導入費用や月額費用はなく、導入のしやすさも大きな魅力です。

詳しく見る

会社の縁の下の力持ち

会議

会社の円滑な運営のために

会社には総務、経理、法務といった管理部署があり、経理なら金銭関連、法務なら法律関連と大体何をする部署なのかイメージがつきます。しかし、総務は定義が曖昧で、なかなか一言で言い表せない部署だと言えます。総務の業務は、文書・印章管理、固定資産・備品管理、受付業務、福利厚生業務、秘書業務など非常に多岐にわたっています。総務の業務は比較的こまごまとした会社独自の業務が多く、その人しか業務ができない、いわゆる、属人化されていることが多いです。最近、働き方改革対策の一つとして、業務のアウトソーシングも検討されますが、総務業務のアウトソーシングとなると、すぐに今の担当者に任せておけば良いと諦めてしまうことがあるようです。しかし、総務のアウトソーシングを進める会社も増えてきています。それでは、どのように進めているのかと言うと、まず、総務業務を人の判断が必要な判断業務と決まりきった定型業務に分割していきます。次に、判断業務のアウトソーシングは難しいため、定型業務でアウトソーシングできそうかを検討します。最後に、アウトソーシングを請け負ってくれる企業を探し、委託するという流れになります。アウトソーシングは便利である反面、個人情報を外部に受け渡すことになるため、情報漏洩のリスクが高くなることを忘れてはいけません。そのため、請負先がしっかりとしたセキュリティ対策をしている信頼できる企業であることを確認しておく必要があります。また、アウトソーシングにかかるコストや費用対効果もしっかり検討しておく必要があります。